R.KOIZUMI

STAFF INTERVIEW.

R.KOIZUMI

GMOフィナンシャルゲート 執行役員 経営企画室 室長

人は誰かのためであれば
実力以上の力を発揮できる

GMOペイメントゲートウェイのグループ会社であるGMOフィナンシャルゲートで、経営企画室に所属。社長に最も近いポジションで、資金調達やM&A、IR/PR活動など多岐にわたる案件を担当している。

R.KOIZUMI

社長直轄の主要部署で
資金調達やM&Aを担当

私のミッションは、「事業をのばすこと」。そのために必要なことには、何にでもチャレンジしようと思っています。現在、GMOペイメントゲートウェイのグループ会社であるGMOフィナンシャルゲートで、社長から一番近い経営企画室に所属し、資金調達やM&A案件、IR/PR活動など多岐に渡る業務を担当しています。直轄の仕事なので、社長が行うすべての仕事に関わることになり、経営そのものをサポートしているとも言えます。ときには、パートナー企業の開拓や営業現場の最前線を経験することも。その経験を生かして新たな事業計画をつくることや社内の業務改善も実施しています。

ありきたりな言葉ですが、仕事は「お客様第一」。そして、その考え方はお客様に限らず、多くの社外パートナー、上司、先輩、後輩などのスタッフ、友人や家族も含めて、常に相手のことを考えて行動することにつながります。自分がしたいこと、社会に求められていること、会社で実現できること、その3つの円が重なる事業となっているか。それを軸にした上で、誰と仕事するか、誰のために仕事をするかを考えて実行する。人は誰かのためであれば実力以上の力を発揮できるのです。

R.KOIZUMI

新卒入社2年目ながら
新営業所の立ち上げを経験

新卒入社2年目でGMOペイメントゲートウェイの九州営業所の立ち上げメンバーの1人として九州での営業開拓に携わりました。、最初は先輩スタッフと2人だったのですが、2年目からは営業所で実質的な現場の責任者になりました。入社して間もない若手のうちから、土地勘のない場所でビジネスを立ち上げるわけですから、苦労もありました。しかし、九州で信頼を勝ち取るために試行錯誤を重ね、会社全体が毎年前年比120%成長を続けていたのに対して、九州営業所は3年連続で150%近い成長を続けることができました。そのとき、同じ目標を持って一緒に頑張ったメンバー、私たちを支持してくださったお客様、いずれも私にとっては大きな財産です。そして3年が経過して、異動で東京に帰るとなったとき、多くのお客様から「小泉さんだから契約したんだよ!」と言ってもらうことができたことは何事にも変えがたい仕事のやりがいでした。

現在は、パートナーアライアンスを軸とした決済端末の販売から、IOT Monetizationというテーマで、国内初の無人機のEMV化(※)にチャレンジしています。私が当社のビジネスを拡大させるためには、これからも多くの人を巻き込んで、より大きな力を発揮できるようになる必要があると思っています。そのためには常に相手のことを考えて行動することが大切であり、それが会社の発展につながるのだと信じています。

※EMV=EuroPay、Mastercard International、Visa Internationalの間で統一規格されたクレジットカード仕様のひとつ。

R.KOIZUMI