S.YAMANE

STAFF INTERVIEW.

S.YAMANE

システム本部 ITビジネス統括部 ITビジネス推進室 主任

システムエンジニアとして
ものづくりの楽しさを実感!

システムエンジニア(SE)として新規プロジェクトの設計・開発リーダーを担っている。

S.YAMANE

毎回ゼロベースで着手するのが
新規プロジェクトの面白さ

現在当社は既存の決済ビジネスとは別に、様々な事業を展開しています。私はその中の1つの新規プロジェクトに携わり、新たに事業を始めるお客様に向けてサービスを提案、構築し、必要なシステムを提供しています。まだ詳しいことはお伝えできませんが、この新規事業はこれまでのEC事業とは全く違うサービスです。事業を1から構築していくため、「前回と同様」ということがなくゼロベースで着手する点が、難しいところであり、面白いところでもあります。若手であってもこのような新規事業に携わることができるのは、当社の魅力の1つですね。

プロジェクトは平均して1年程度。昨年から取り組んでいる現在のプロジェクトでは初めて、設計・開発リーダーを務めています。お客様へのヒアリングや提案、要件の調整、開発プロジェクトの進行管理、システム稼動までに発生しうるリスク管理など、さまざまな業務をこなす日々です。

もともとこの仕事には、プログラミングの知識やスキルだけでなくクライアントやチームメンバーとの密なコミュニケーションが必須。今は、さらに一段上の視点が要求されていることを感じます。全体を見渡して、常に「改善点がないか」「今自分がやれる仕事は何か」という観点をもって動くように心がけています。1年を超える長期プロジェクトをリリースしたときの達成感は格別! 技術を使ってチームでお客様に喜んでもらえるものをつくり上げる、ものづくりの楽しさがある仕事です。

S.YAMANE

新卒で入社したエンジニアの
半数近くは文系学部出身者

研修・教育制度が整っており、文系学部出身の自分も技術者として確実に力をつけることができる、というのが入社の決め手でした。配属後のシステム部内のプログラミングの基礎研修に加えて、GMOグループ全体での「GMOブートキャンプ」というエンジニア向け研修もありました。ひたすら技術の習得にまい進した、懐かしい思い出です。

また、新卒に対して先輩スタッフがひとりつき、技術の指導・サポートをしてくれるアドバイザー制度があったおかげで、初めて参画したプロジェクトでぶつかった問題を早期に解決することができました。思えば新卒で入社したエンジニアの半数近くが文系出身者でしたが、皆、技術的な基盤を身につけてそれぞれの分野で活躍しています。

入社以来、私が一貫して関わっている新規事業の立ち上げはお客様にとって大きなチャレンジ。そこにパートナーとして関わり、共に実現させることができるのは技術力をはじめとしたさまざまなスキルがあるからです。今回のプロジェクトではリーダーを経験しましたが、これからさらに研鑽を積み、将来はプロジェクトマネージャーとして統括する立場になりたいと思っています。

S.YAMANE