S.OE

STAFF INTERVIEW.

S.OE

コーポレートサポート本部 秘書室 課長代理

一流のビジネスマンの
仕事を間近で学べる

役員秘書として、担当上司のスケジュール管理や来客対応、出張会食手配、慶弔対応等をサポート。4名いる後輩の日常業務の指導・サポートにも当たっている。

S.OE

必要なのは思いやりとおもてなし

現在の業務は、グローバル勤務のスタッフのサポートがメインとなっています。担当上司がシンガポールにいる事も多く、また担当の部署でも海外駐在者が増えてきたためです。ミーティングの日時を各国の時差や祝日を意識しながら調整すること、慶弔手配等では各国の習慣や文化を確認した上で現地に適したものを手配することなど、細心の注意を払いながら業務を行う必要があります。一方で、日本にはない価値観や文化に触れることで視野が広がること、英語に触れる機会が多いため語学力が身につくこと、海外出張手配によって各国の地理や交通事情に詳しくなれること等、グローバル業務特有の面白さも日々感じています。

秘書業務に必要なのはおもてなしの精神、細やかな気遣いです。他社とは異なる「おもてなし」を、女性の多い秘書室ならではの発想で実践しています。例えば、昨年の夏より、ご来社いただいたお客様に対してお茶出しの際におしぼりを提供するようになりました。夏は冷たいおしぼり、冬は温かいおしぼりを提供しており、お客様からも大変ご好評をいただいています。自社の企業価値を高めるためには秘書としてどういったことができるのか、秘書室全員で考え、日々行動しています。

S.OE

成長企業で社会人として
貴重な経験が積める

結婚前は仕事と家庭の両立ができるのか不安もありましたが、結婚後は夫の協力もあり、ストレスを感じることもなく両立できています。仕事とプライベート、オンとオフがあるからこそ、日々の生活がよりいっそう充実して感じられると思っています。

成長企業で、秘書として、また社会人としてさまざまな経験を積んでいけることは本当に恵まれていると感じる日々です。担当上司から「麻植さんがいないと仕事が回らない」と言われたとき、先回りで対応した行動で感謝されたとき、大きな仕事が成功したときなど、達成感を得られる瞬間は数多くあります。業界の最前線や大きな仕事の舞台裏、一流のビジネスマンの仕事を間近で見て学ぶことができることが、秘書業務の醍醐味であると思います。

秘書という業務は、本当に幅広い知識や引き出しが求められるやりがいのある仕事です。今後もキャリアを重ね、「一流」「日本一」と言われるような秘書に少しでも近づけるように奮闘していきたいです。

S.OE